ヘルペスってよく聞きますね

「ヘルペス」ついて病名を耳にされたことがある方は多いことと思います。周囲でもヘルペスに感染したという話はけっこう普通にあるものです。

このヘルペスですが、繰り返し発症する人と全く発症しない人が存在します。どうしてこのような差が発生するのか、その点についても気になるところです。

そもそもヘルペスウイルスとは何なのでしょうか?ヘルペスウイルスですが、今回問題にしている一般的にヘルペスと呼ばれるものは、「単純ヘルペスウイルス」というウイルスです。

ヘルペスウイルスはDNAウイルスとも呼ばれています。遺伝子とも深いかかわりがあるウイルスです。そのため両親のいずれかがヘルペスウイルスを持っていると、子供も発症してしまうといったケースもけっこうあり、珍しくありません。

また人から人へと感染するのがヘルペスの大きな特徴のひとつです。遺伝子的に問題はなくても感染によってヘルペスを発症してしまう人もいます。ヘルペスについてもやっかいなものだと認識したほうがよいでしょう。

でも、幸いそこまで重病になるといったケースはごくまれであり、多くの場合薬で一時的に症状は治まります。

またヘルペスは感染症のひとつではありますが、ヘルペスのウイルスが原因で亡くなったという人はほとんど聞かれない病です。この点は救いといえます。

できればこうしたウイルスについても避けることができ、健康で暮らせるのがベストです。

チャットレディーって?