ヘルペスは基本的に薬を使って治療する

ヘルペスはいくつかの要素が積み重なった際に起きることがあります。生涯を通して全くそうした病気にならないことももちろんあります。かと思えば、たびたびヘルペスになる人もいます。

このようにヘルペスについては人によって、かなり状況が異なったりします。また環境によってもヘルペスに感染したり、症状が悪化することもあります。

「ヘルペスになっちゃった」なぜ?と驚いている方もいるかもしれませんが、実はヘルペスはいつ誰がなってもおかしくない病気の1つです。

ヘルペスになったら、なるべくはやく医師の処方を受けることが肝心です。湿疹などは放置しておいてもそのうち治ったという話もよく耳にしますが、ヘルペスについては薬でケアするなりなんらかの対処をしないとなかなか治らない病気です。

対処といってもそんなに大げさなことはありません。大抵の場合は薬で治ります。ここまで聞くとたいしたことはないと思いがちですが、これからが実はやっかいなのです。

ヘルペスは菌が体内から完全に除去することができません。体内に保持されていますから、再発することがしばしばあります。特に年齢を重ねて免疫力がなくなればなくなるほど、ヘルペスの症状は出やすくなります。ヘルペスが体内からいなくならないため、薬で症状を抑えて、様子を見るのが通常の治療になります。

チャットレディーって?