感染症は身近な問題

病気の1つとして感染症の症状があります。感染症が多く発生しやすいのは病院などです。

病院には人も多いことから、どうしても菌が蔓延しがちです。さらに感染症は体が弱っている人に発症しやすいのも特徴ですから、余計に病院は感染症が蔓延してしまう条件が整ってしまいます。

こうしたことから、特に病気を患っている人や体調がよくない人は要注意です。風邪などもそうですが、疲れがひどい時でも感染しやすくなりますから注意しましょう。

その感染症の中でも身近なウイルスがヘルペスです。ヘルペスについては7割の人が菌を持っているといわれています。このようにヘルペスは人事ではなく、多くの人がいつどこで発症してもおかしくない感染症です。

ヘルペスは乳幼児のころから菌を持っている人が多く、成人してから症状が出る人が大半です。乳幼児ころがもっとも感染しやすい時期だということはわかっていますが、感染したからといって症状が出る人はごくわずかで、特に大人になってから発症する人が後をたちません。

その点からも自覚症状がないウイルスであり、発症したら「菌を持っていたんだな」と思うよりしかたのないことです。感染症については油断ができないものであり、特に体が弱っていると感染症に感染して最悪死に至ってしまう場合もあるわけです。

チャットレディーって?