身近な病気のヘルペス

ヘルペスは私達にとって、とても身近な存在の病気です。ヘルペスウイルスが原因になる病気で、子供でも大人でもなる可能性がある病気のひとつです。

免疫力が低い子供のころは、風邪などの感染症にかかりやすいものです。特に小学校に入るまでは、子供は何かと病気しがちで、病院に通院する機会も多いことでしょう。

また大人になってからは違う病気に悩んでいる人もいます。扁桃腺がはれやすいなど、免疫力の低下から発症する病気もあります。

病気にはこのように子供のころになりやすいものと大人になってから発症するものがあります。

大人になってから発症する病気のひとつとして、ヘルペスもその中の1つになります。ヘルペスは子供のころに菌に感染していてそれが大人になって症状として現れることがあります。

ヘルペスは日本人の7割近くが菌を保有しています。ですから大人になってから症状がでる人が少なくありません。子供の時から菌を持っていて、大人になってから発症したというのはよくある話で、大人になってからのヘルペス発祥の方がが多いようです。

もちろん子供が発症するケースも多々あります。子供も注意したいところです。子供にとってもヘルペスは珍しい病気ではありません。アレルギーなどと同様にけっこう出やすい病気の1つです。その点についても目をむけて、もしかしてヘルペスかなと思ったら、すばやく病院に連れていくことが大事です。

チャットレディーって?